重賞レースアオリ レース分析 登録 勝負レース 地方競馬スピリッツ

スピリッツコラム地方版

江戸川コラム
江戸川乱舞
地方競馬からこんにちは

中央競馬だけでなく地方競馬にも独自の視点で切り込む!

望月コラム
望月剣介
田舎侍が斬る

地方競馬の旅人望月が、初心者でもわかりやく地方競馬を語ります。

喜和子コラム
喜和子
呑み処「喜」

女性視点からみた温かみある地方競馬コラム。どうぞ、おくつろぎください。



生きのいい4歳牝馬勢が古参牝馬にどう挑むか・・・

というのが、今年のしらさぎ賞の構図だろうか。

いや、これまでの実績を見ても、
「4歳牝馬VS古参牝馬」というより
「4歳牝馬VS4歳牝馬」の表現の方が正しいだろうか。



特にレースの中心になりそうなのが、
若手のホープ・瀧川寿希也騎手が跨るポッドガゼール

昨年のユングフラウ賞で2着になるなど、
クラシック戦線ではイマイチ目立つタイプではなかったが、
TCK女王盃・エンプレス杯で連続して4着になっているように、
ようやく充実期に入った印象だ。

今回のメンバー構成を考えれば、
交流重賞で掲示板に載った実績は大威張りできるモノ。

斤量54キロも許容範囲なので素直に馬券は
ポッドガゼールから」というのが正攻法だろう。



ただ実績的な事を考えれば、
57キロを背負うミスミランダーも無視できない。

前走のクイーン賞が散々だったがゆえに、
今回評価を落としているものの、
昨年の関東オークス2着、
ロジータ記念を制した実績を考えれば、
有力候補であることは確か。

斤量・浦和のコーナーリングを克服できれば、
馬券圏内に顔を出しても不思議では無い。




ちなみに7Fの距離がどうかだが、
大外枠からの発走になったタケショウメーカーも気になる存在。

基本的に時計勝負になった時に強いとされる
エンパイアメーカー産駒だが、
タケショウメーカーも脚抜のいい馬場を得意としている印象。

水曜日にかけて天気が下り坂になるようなので、
馬場状態次第では狙ってみてもいいかもしれない。




ちなみにここまで名前が出てきた馬は全て4歳馬。

4歳馬以外でも全く可能性が無いわけではないが、
中央から移籍してきてそろそろ狙い頃のハナズリベンジや、
前走タケショウメーカーを負かしたニシノラピートにも
注意を払っておきたいところだ。




◎ポッドガゼール

※現時点での印であり、
馬場状態や天候、その他諸条件により変更の可能性も御座います。

シルバー登録へ

地方競馬スピリッツは
あなたの地方競馬が楽しくなる競馬エンターテイメントサイトです。

江戸川乱舞や望月剣介ら豪華予想陣があなたの地方競馬を楽しくするために、独自の見解や結論などを、みどころ満載で毎週公開中です。

特に江戸川乱舞・望月剣介ら豪華予想陣によるコラムは必見。

「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選んでいく逆走競馬コラムニスト江戸川乱舞は、本家・競馬スピリッツのコラム「Alohaな競馬」では見せることのない独自の地方競馬観がウリ。
経営危機が叫ばれる地方競馬が多い中、粉骨砕身・滅私奉公の精神で、地方競馬を応援し続ける地方競馬スピリッツコラム「地方競馬からこんにちは」を連載中。

そして極めつけは地方競馬スピリッツ専属コラムニスト・望月剣介の「田舎侍が斬る」は競馬スピリッツから移籍してコラム掲載中。
北は門別・南は佐賀まで渡り歩いた旅人は、多くの人に地方競馬の魅力を伝えるため、「わかりやすい」をキーポイントにしたコラムを掲載中!
各地方の予想屋もうなる見解が味わえるのは、地方競馬スピリッツだけです!

豪華予想陣が伝える競馬の面白さ、楽しさは既にギャンブルの域を越えたエンターテイメントとして、多くの競馬ファンに支持されています。
競馬に興味の無い人でもわかりやすい解説を載せた「地方競馬のイロハ」や「地方競馬と中央競馬の違い」などの初心者サポートサイトも充実中です。

また、もちろん見逃せないのは豪華予想陣による予想公開。
毎週月曜日の大迫富士夫による「今週のレース考察」に始まり、毎週火曜日夜に更新される豪華予想陣の指定勝負メインレースと勝負レースの見解と結論が書いてある「本日の勝負レース!」、さらには大迫富士夫による「レース回顧」と、みどころ満載。

近くて遠かった地方競馬があなたの身近なものに変わります!
またJRAのIPATや即PATをお持ちの方は地方競馬の馬券購入が平日も可能。
しらない・わからない・むずかしいなど、地方競馬にある凝り固まったイメージを一変させる地方競馬スピリッツ。

あなたの平日、週末が楽しくなるのは間違いなし!?
1週間を通じて楽しめるのが競馬エンターテイメントサイト・地方競馬スピリッツです。